便利で当たり前になったWi-Fiのメリットとデメリット

インターネットが当たり前の社会となり、だれでも手軽に使えるようにもなってきました。何も珍しいものではなくなり、当たり前のように使われているでしょう。普及の要因のひとつに、Wi-Fiがあったことは間違いありません。使い勝手が良く、普段から活用しているところも多いでしょう。ですが、いったいWi-Fiが何なのか、目で見えないことから認識していない人のほうが多いはずです。

Wi-Fiには、さまざまなメリットがあります。それもメリットは驚くほど大きなものです。日常生活を大きく変えてしまったほどの効果があったことも間違いありません。その分だけデメリットもありますが、あまりの大きさに認識されることが少ないのも確かです。ですが、便利だからこそ、危険なデメリットを認識し、さらに便利に使っていく必要があるでしょう。

無線LANの規格のひとつとして

Wi-Fiは、無線LANのひとつです。さまざまな機器が無線環境を使うようになりましたが、相互で機器の認証をおこなうのは、非常に手間がかかります。せっかくのメリットを打ち消してしまうことから、相互認証ができるWi-Fiはとても便利な存在となりました。お互いの機器を認証できる統一の規格となり、違うメーカーでも互換性を持たせることができるようになったのですから、便利なものとなっていくのは当然の流れでしょう。

フリースポット大変便利な規格ではありますが、機器同士を直結するわけではなく、アクセスポイントが必要になってくるのが特徴です。アクセスポイントにさまざまな機器が接続することで、相互認証もできるようになっていきます。非常に速度の速い環境を作り出すことができるところがポイントで、広範囲で便利でも速度の遅いスマートフォンの回線なども、Wi-Fiと接続することによってカバーすることができます。通信上限に縛りが掛けられることもないため、かなり自由に使えるようになっていくでしょう。

電波さえ届けば多くの人にサービスを提供できるところもメリットです。お店のサービスなどとして、フリースポットを開放しているところもあるでしょう。ビジネスホテルのように宿泊客が使えるようになっている場合もあります。電波として目に見えませんが、有線のようにLANケーブルを惹かなければならないような手間もないため、サービスとしても効果的な手法を選択することができるのです。

素早く利用できるメリット

Wi-Fiのメリットとして、工事が必要ないというところがあげられます。電波が届けば利用できるようになるため、ルーターの設置だけで済んでしまうからです。ルーターも規格が進化しており、高速の通信が可能となってきました。利便性はどんどんと高まっており、どこでも高速のインターネットも楽しめるようになってきているのは間違いありません。配線が必要ないため、中継器をおくことによって、家の中でもLANケーブルを這わせたりする手間も必要がないのはメリットでしょう。

工事の必要性がないため、回線工事が終わっていれば、機器を設置するだけで利用できるようになります。即日利用できるところは、大きなメリットになってくるでしょう。引越しした時などでも、設置できればすぐに利用できるのは、かなり大きなポイントになってきます。スマートフォンをつないだりすれば、通信費を節約できるようになり、回線速度も速くなるのですから、どんどん利用していきたいポイントです。

相互認証ができるということでは、複数の機器を接続することによって、データの相互利用が可能となっていきます。これまで何かの媒体を使っていかなければ、画像や動画などといったデータを複数の危機で利用するのは困難でした。Wi-Fiによってつないでいくことによって、お互いのデータも共有できるようになるため、利便性は格段に向上することになるでしょう。大きなメリットになってくるため、さまざまな方法で利用もされています。

セキュリティの面でのデメリット

あまりに便利なため、Wi-Fiのデメリットはあまり語られることもありません。しかし、大きな問題も抱えていることは忘れてはいけないところです。さまざまな機器が接続できるようになるのがメリットですが、電波を使っていることを忘れてはいけません。あまりに多くの電波をルーターが受け取ると、混戦していく可能性が出てきます。通信速度の低下を招くことになりますが、大きなデメリットにつながっていくでしょう。

無線でつながるWi-Fiは、目に見えるものではありません。だれか知らない人がルーターに何らかの方法で接続していると、ただで利用されることになっていまいます。フリースポットのような場所であれば問題はありませんが、家庭のWi-Fiを利用されるのは非常に危険なことが出てきてしまいます。ただ乗りは大きな問題点として考えておかなければいけません。

さまざまな機器がつながるということで、セキュリティのデメリットは認識しておく必要があるでしょう。相互接続ができる技術がWi-Fiである以上、その機器の中にあるデータにアクセスされる可能性は否定できません。大切なデータの入っている機器は、むやみやたらに接続しないという姿勢も必要になってきます。セキュリティをしっかりと掛けていても、目に見えないことは大きなデメリットになるでしょう。大事なデータの入った機器はそもそもつながなければリスクは大きくならないということを忘れないようにするべきでしょう。

まとめ

Wi-Fiはとても便利な技術であることは確かです。素早く接続できますし、多くの機器をひとつの環境で利用できるのですから、これほどのメリットをもたらしてくれる技術は素晴らしいものがあります。ですが、無線技術であるという事実は忘れてはいけません。目に見えないのですから、セキュリティ対策をどうするのか、考えての利用が必要です

ただ乗りといった問題は、社会的にも大きな注目を集めた時期もありました。それでも、Wi-Fiのもつ利便性の高さから、どうしても忘れ去られていく傾向があります。スマートフォンなども便利に使うことができますが、安全に使える方法を考えていくことが大切です。特に家庭環境で使う場合には、だれかにつながれたりしないようにすることが必要となるでしょう。